4 Posts

妊娠中貧血になり苦労しました

妊娠数ヶ月の時ですが、頻繁に貧血に襲われるようになりました。特に朝起きた時が酷かったです。なかなか立ち上がれず、家事をする時もフラフラになる事がありすごく辛かったです。

そんな時に、葉酸サプリが妊娠中の健康を保つために良いというのを知り、使うようになりました。貧血になってしまうと、自分が辛いだけでなく、お腹の中の赤ちゃんにも何か悪影響が出ないかと心配になっていました。これも、葉酸サプリを利用するようになった理由の一つです。

妊娠中の健康のために「BELTA」を飲んでいました

ネットや雑誌で何か良い葉酸サプリがないか探していた時、「BELTA」という商品を見つけました。この葉酸サプリは、厚生労働省が推奨している葉酸の基準もクリアしているサプリだったので、効果があると思い購入しました。さらに、ビタミンB6や亜鉛といった、つわりを軽減させる栄養が含まれているというのも嬉しいポイントでした。

また赤ちゃんに何か影響が出ては困るので、無添加に拘って作られた「BELTA」は、私にとって最適なサプリでした。

葉酸サプリのおかげで妊娠中の体調も万全

この葉酸サプリを飲むようになって、数週間程でだいぶ体調が良くなりました。まず悩んでいた貧血の症状も、だいぶ抑えられました。朝もしっかりと起きられるようになりましたし、家事をしている最中などに、フラフラする事もなくなりました。

また、つわり症状もだいぶ軽くなり、やっぱり葉酸サプリは妊婦に必要な栄養が、しっかりと摂れるんだなと実感しました。サプリに頼るようになってからは、妊娠中の体調も万全になり、無事健康な赤ちゃんを出産する事が出来ました。

体温の低かったわたし

わたしたち夫婦は子供がほしかったのですが、一向に妊娠する気配がありませんでした。というのも、わたしの基礎体温はとても低くて、生理周期もばらばらの生理不順だったんです。

排卵日の測定も難しくて、妊活も難航していました。そんなとき友人に妊活で大切なのは、基礎体温をまずは上げることだと教えてもらったんです。

やはり基礎体温が低いと、いろんな体の免疫力も下がってしまいますし、何より体が妊娠しにくくなるそうなんです。

基礎体温を上げるためにやったこと

わたしがやった妊活、それは基礎体温を上げることです。

妊娠しやすい体を作るために、まずは基本的なこと早寝早起き、そしてしっかり汗をながすくらいの運動を毎週定期的におこなうことです。あと、効果がかなりあったと思うのは白湯を常時飲み続けることです。

わたしはそれまではいつも冷たい飲み物を飲んでいたのですが、これははっきりいって体温をかなり下げてしまっていたようです。ですので、白湯を飲んだり、とにかく温かい飲み物や食べ物をとることがわたしの主な妊活といえるかもしれません。

体を温める妊活を続けた結果

運動する、白湯を飲む、規則正しい生活を心がける、こういったことを続けていった結果、約半年ほどでわたしの基礎体温は女性の平均値まで上がり、生理不順も改善したんです。

排卵日の把握もしやすくなり、それから二ヵ月後になんと妊娠することに成功しました。高温期がずっと続き、もしかしてと検査薬を使用してみると、見事陽性反応が出たんです。

妊活で大切なこと、それは基本的なところを改善することだと思います。まずは自分でできる範囲で妊活をがんばってみればいいと思います。

つわりの時期には食べ物の好みが変わったり、まったく食べ物を受け付けなくなることもありますが、私の場合は、塩分が無性に欲しくなるつわりでした。塩分といっても何でもいいわけではなく、いわゆるファストフードのポテトについているような塩分が欲しいのです。

それまでの私の生活ではファストフードは月に一回食べるか食べないかという程度でした。それが妊娠をしてつわりが出た途端、急に欲求が出てきたのです。私も主人もその変化にビックリ。でも塩分が強いということは身体のむくみを発生させる原因にもなるし、不健康になるのでそればかりを食べるというわけにもいきません。そのために健診の時に医師に相談をしたのです。

医師からはつわりはせいぜい続いても2ヶ月程度、だからほかのものを受け付けないくらいだったら別に食べても良いという許可をいただいたのです。この許可をいただいたことにより、私は罪悪感がなく食べることが出来るようになりました。ほかのものは食べたくなくてあまり食べれなかったですね。

体重は増やさないこと、またむくみに注意をすること

医師からの許可は出ましたが、約束事が二つありました。それは体重の急激な増加に注意することと、むくみに注意をすることです。そのために毎日の体重チェックは習慣になりました。

心配していた塩分欲求ですが、つわりの減少と共にそれも解消されていきました。そして依然の食生活に戻ったのです。自分でも不思議ですが、これも妊娠により影響なんですよね。妊娠による変化って本当に不思議です。

「葉酸サプリ」のことを知ったのは妊娠して数週間たったあとでした。
子供の先天性異常を予防するために、妊婦は葉酸を摂るべき、というのはネットで知りました。

本当は妊娠する前から飲んだほうがいいと知り、今から飲んだのでは遅いのではないかとビクビクしていました。
自分から妊娠についての情報を調べるのはもちろん大切なこのなのですが、「葉酸を摂るべきだ」と
厚生省もいっているのなら、母子手帳にのせるだけでなくもっと大々的に広めてほしいです。

急いで近所のドラッグストアに行き、葉酸サプリを買いました。メーカーにこだわりはなく値段が安すぎず
高すぎないものにしました。サプリがなくなると同じものを買うのではなく違うものを買っていました。

妊娠中は「たまごクラブ」を読んだり、ネットでいろんな情報を見ていましたが、情報が溢れすぎていて
何を信じればいいのかわかりませんでした。

葉酸も摂りすぎはいけないとあったので、サプリを飲んでいたら葉酸が多く含まれている食品はあまり摂らなければ
いいのか?など常に悩んでいました。

雑誌にも広告が載っていますが「このサプリが一番いい!」とどの会社の広告も謳っているので…。
売り場でいつも適当に選んでおり、カプセルになっているもの、チュアブルタイプのものなど
様々なものを試していました。

妊娠中は切迫早産のトラブルに見舞われたものの、お腹の赤ちゃんは内診などでは特に異常はありませんでした。
体重も3000G越えで、出産後も特に異常はなし。

葉酸サプリをとっていたおかげか、いまのところ先天性異常は見つかっていません。